ナンピンとは

ナンピンとは買値よりも株価が下がった段階で株を買い増すことで買値の平均価格を下げること。難平と書く。難つまり損を平均化することを意味している。

当初の買値よりも平均購入価格を下げて、時価に近づけることをナンピン買い下がりという。あとで株価が反発したときに、元の水準にまで戻れば値上がり益を得ることができる。また、元の水準まで戻らなくてもある程度戻せば損しないで売却することができる。

ナンピン売り上がりは損をしたときに売り乗せをして平均を上げておき、あとで株価が反落するのを待つことをいう。