トラッキング・ストック

トラッキング・ストックとは、大企業全体に対してではなく、特定の部門や事業に対して発行される普通株の一種こと。

追跡株は、親会社の財務からその部門の財務を切り離すので、部門が低迷している場合、または採算が取れるまで時間がかかる場合でも、従来の普通株の価値が影響を受けない。

追跡株を所有している場合、追跡される部門を親会社が継続して所有することから、実際には親会社に対して投資していることになる。