トラッキングストック

トラッキングストック(tracking stock)とは、企業内の特定部門や特定の子会社の収益力や価値を裏づけに、これらに株式価値が連動するよう発行される種類株式(普通株式と権利内容の異なる株式)の一種。当該企業全体の業績動向に関係なく発行できる。アメリカでは1984年にゼネラルモーターズの発行からはじまってかなりの例がある。日本では2001年にソニーが子会社連動配当株式を発行した。

特定の部門や子会社の業績・価値が高いと、これを引当てとして発行されるトラッキングストックの配当や株価は、会社全体を反映する普通株式より高配当、高株価が期待できる。このため同一社内、同一企業グループ内の潜在的な高付加価値部門を切り離さずに効率的な資金調達を行うことが可能である。また、対象部門や子会社を管轄する役職員へのインセンティブとしてトラッキングストックのストックオプションを付与することもできる。2001年の商法改正で種類株に関する規定が整備されてトラッキングストックの発行可能性が大きくなった。