テイルゲーティン

テイルゲーティンとは、ブローカーが顧客の有価証券の注文を出し、直後に自己勘定で同一の有価証券の注文を出すこと。

この習慣は相乗りとも呼ばれており、不法行為ではないが、ブローカーは顧客が株式に関して持っている情報を使って利益を上げようとしていることから、非倫理的である言える。

ブローカーは概して、顧客が有価証券の価格に影響を与えるほどの数量の株式を買ったときにのみ、テイルゲーティングを行う。