ターゲットデートファンド

ターゲットデートファンドとは、投資ポートフォリオを特定の時点に結び付けることを可能にするファンド・オブ・ファンズ(FOF)つまり投資信託への投資ファンドのこと。

ターゲット・デート・ファンドの特徴として、2015ファンド、2030ファンドなどのように、名前にターゲットとする年を冠している。ある程度遠い未来の日付を目標にしたターゲット・ファンドの資産配分はかなり積極的で、成長を重視している。

ファンドは、日標の日付が近づくにつれて、蓄積された資産を保ち、最終的には収入をもたらすために保守的になるよう設計されている。
各ファンド会社はリスクに対して独自のアプローチを考案し、ある会社の2025ファンドの配分が他社の2025ファンドの配分とはっきり区別されるようにする。ポートフォリオのモデルと投資戦略の詳細は、ファンドの目論見書に記載されている。

ターゲット・デート・ファンドを提供する各ミューチュアル・ファンド会社は、5年から10年の間隔を開けたシリーズを提供する傾向にある。
ほとんどの会社は、FOFを自社のファンド・ファミリーからの個別のファンドで構成するが、別の投資会社のミューチュアル・ファンドや株価指数運動型上場投資信託(ETF)を追加する会社もある。

他のFOFと同様に、ターゲット・デート・ファンドの手数料は個別のファンドを別々に保有するよりも高い場合がある。ただし、これらの手数料を払うことで、より高レベルの専門的な管理を得られる。