セカンダリー・マーケット

セカンダリー・マーケットとは、証券が発行された後、投資家間で売買される市場で、一般的には既発証券の流通市場のこと。

発行市場はプライマリー・マーケットと呼ばれる。なお、公社債の流通は、取引単位、銘柄、形態がさまざまであるため、株式と異なり、店頭取引が主流である。