スローな市場

スローな市場とは、取引が活発ではなく値動きが少ない市場のこと。

この環境では自分が希望する価格で有価証券などの資産を購入してくれる買い手を見つけることは難しくなる。

早急に保有している資産を処分して資金を得る必要がなければ、元本を失ったり収益が限られたりするリスクを減らすために、スローな市場では売却する方が有利に働く。

一方、取引量が低迷することで、魅力的な投資商品の価格が押し下げられることがあるので、スローな市場で買いの選択をすることもできる。

スローな市場という言葉は、他の取引環境で行うよりも取引約定までの期間が長い取引所や市場という意味も持つ。