スムージングオペレーション

スムージングオペレーション(smoothing operation)とは、外国為替市場への為替相場の乱高下を抑えることを目的とした通貨当局による介入。

為替相場では頻繁に市場心理が不安定化することにより変動が大きくなることがあるが、スムージングオペレーションはこのような状況で通貨当局が介入により市場心理を落ち着かせて相場の安定化を図るものである。

他の一般的な介入の効果には疑問がよせられているなかで、比較的効果があるといわれる。