スペキュレーション

スペキュレーションとは、株価や為替などの価格変動を利用して、短期的な売買を主体に利益を得ようとする行為のこと。

先物取引において使用されることが多く、ービトラージ、リスクヘッジとあわせ、先物取引の主要機能である。現物取引との差異はないが、先物取引の特色である差金決済が可能なため、少ない資金で多くの収益を追求できるようにレバレッジ効果を働かせることが可能である。

証拠金だけで多くの収益をあげられる反面、多くのリスクも伴う取引でもある。当然ながら先物でスペキュレーションを行う場合、売買のタイミング、価格変動に対する予測のiI確度が重要になる。こうした予測を実施するには、ファングメンタルズ分析、テクニカル分析、時系列解析などによる手法が主に用いられる。