スプーフィング

スプーフィングとは、ある特定の銘柄の株式を所有するとレーダーが、電子証券取引を通じて、同じ株式について匿名で買い注文を出し、直後に取り消す事で違法に株価を吊り上げること。

市場を注視している投資家は、注目株のように見える株式の買い注文を出し、株価を押し上げる。株価が上がったときに、スプーファーは高値で株式を売り、その株式の取引から手を引く。

この株価はただちにスプーフイング前の価格まで下落するので、注目株であると判断し買った投資家は、かなりの損失を被ることがある。スプーフィングは、パンプ・アンド・ダンプ(株価操作)として知られる詐欺が違った形を取ったものである。