スプレッドバンキング

スプレッドバンキング(spread banking)とは、資金調達コストに一定の利鞘(スプレッド)を乗せて貸し出す方式。

従来金融機関の貸出金利は、公定歩合に連動したプライムレートを基準に決定されていたが、金利自由化の進展により金融機関の資金調達に占める自由金利負債の比率が高まった結果として、資金調達コストを貸出金利に転嫁する方式に移行した。

1989年から短期プライムレート自体も、短期金融市場金利の変動に応じて変動する形式(新短プラ)に変更された。