スピンオフ

スピンオフとは、ある企業が既存の子会社や部門を独立企業として設立すること。

親会社の株主は、新会社に対する評価に基づいて、新会社の株式を受け取る。さらに親会社の株式も保持し続ける。

企業がコアビジネスに集中するために、関連がないと考えられるものを切り離す場合、または投資家の関心を利用するために会社を設立する場合にスピンオフが発生する。

また、企業が事業拡大をする中で規制のハードルに直面し、コンプライアンスを保つために一部分をスピンオフすることがある。

買収や従業員持ち株制度(ESOP)を通して、または交渉の結果として、従業員のグループが新規事業体の経営権を取得することもある。