ストリップス債

ストリップス債とは、債券の元本部分と利札部分を切り離し、別個の債券として売買流通させること。

元本部分も利札部分も額面を割り引いて売買される。満期時には額面で償還されるので、一種のゼロ・クーポン債といえる。

類似の概念が株式にもあり、primeやscoreという仕組みがアメリカにある。