ストラクチャードファイナンス

ストラクチャードファイナンス(structured finance)とは、文字どおり仕組み(scheme, structure)を使う金融技術のこと。この場合の仕組みには、たとえば、資産流動化・証券化におけるSPC(特別目的会社)、SPV(特別目的媒体)や、各種の信用・流動性補完措置などが含まれる。

事業を行う企業本体とは別に、そうした仕組みを新設することで、それを通じて資金調達・運用を行ったり、既存の金融取引・商品から新たな金融商品・取引を再構成することなどが可能となった。

このような技術の発展で、従来、銀行等に束ねられていた金融仲介機能が各要素に分解されていくという意味で、金融仲介のアンバンドリングを促進することになる。

例としては、資産流動化・証券化(企業本体から切り離された資産から生じるキャッシュフローを裏づけとして、資金調達等を行う金融手法)のほか、事業主体となる企業の債務保証なしに、対象プロジェクトから生じるキャッシュフローを返済原資とする金融手法であるプロジェクトファイナンスなどがある。