スタンドバイレターオブクレジット

スタンドバイレターオブクレジット(stand-by letter of credit)とは、銀行の顧客が第三者から資金調達等を行うときに、銀行が顧客の債務を保証するために発行する信用状のこと。

顧客が債務不履行に陥った場合、銀行は信用状の金額を限度として不履行額相当の手形振出を認め、その決済を行う。

この信用状は、企業のCP発行や建設業者の工事請負の際に利用されることが多い。債務が通常通り履行される限りは利用されない信用予約の状態にあり、銀行のバランスシートに載らないオフバランスシート取引である。そのためリスクを管理する必要がある。