スタブ株

スタブ株とは、買収や倒産の結果として、会社の純資産がマイナスのとき、発行した債券の一部を普通株に変更すること。

1株は、もともとの債券価値のほんの一部でしかないため、この新しい株式は、整理株として知られている。

発行会社が財務的に不安定なため、整理株は価格変動が激しい投資となるが、その会社が強さを回復したときには、整理株の価値は大幅に上がることもある。