スクイージング

スクイージング(squeezing)とは、金融商品先物や商品先物取引において、相場が予想外に逆転したために追加的な資金を求められること、あるいは求められ続けることをいう。"squeez"は搾り取るという意味でそれが由来となっている。

たとえば、保有債券の相場下落リスクをヘッジするために先物ショートポジションをとっていた投資家がいたとする。もし予想外に相場が上昇すると、この投資家にとっては損失の拡大を意味するから、証拠金の積み増しが求められる。

さらに、もしそのようなポジションの投資家が損失をカバーするために現物を購入すれば、相場に上昇圧力がかかり、先物ショートポジションを持つ投資家はより一層の損失をこうむる事態に陥る可能性がある。このようなある意味泥沼に陥っている状態を指す。

また、コールオプションを買うと同時に、現物市場で買い圧力をかけ、需給をきつめにすることでコールオプションの利益を高めようとする不正な行為を指すこともある。

さらに、引締め政策などで、資金のアベイラビリティが低下し、金利が上昇する金融市場の逼迫状態のことを指すこともある。