スカルピング行為

スカルピング行為(scalping)とは、先物市場で、日中のわずかな価格の変化によって頻繁に鞘取り売買を行うこと。"scalp"とは「頭の皮を薄く剥ぐ」という意味でそれが由来となっている。スキャルピングと書くこともある。

シカゴ先物取引所のフロアトレーダー(取引所会員のうち自己勘定取引に特化した会員)の間でみられ、こうした人々をスカルパーという。

彼らは実質的にマーケットメーカーの役割を果たしており、ポジションは当日中に手仕舞われる。