シンセティック投資

シンセティック(複合)投資では、単一の既存の投資ではなく、オプション契約、エクイティ指数、または債務証券といった金融商品の組み合わせから利益を生み出す投資のこと。

投資会社は、実際の指数に含まれるエクイティ(株式)ではなくオプション契約を買ったり、節約した資金で現金等価物や他の債務証券を買ってデリバティブに対する収益率を高め、特定の指数を上回ることを目的とするシンセティック指数を作成する。

オプション・スプレッド、仕組債、不動産における特定の投資や保証された投資契約は、シンセティック金融商品だということができる。
これらの商品は人為的ではあるが、リスクを減らし、分散投資を促進し、より大きな収益率をもたらし、既存の投資が対処できないニーズを満たす方法として、個人や機関投資家のポートフォリオにおいて合法的な役割を果たすことができる。