シンジケート団

シンジケート団とは、投資銀行のグループが新しい有価証券の引き受けや分配を共同して行うこと。

シンジケート団は一時的なもので、発行体から有価証券を買うために形成され、証券の分配が終わると解散する。同様の銀行のすべてまたは一部を含む新しいシンジケート団が、個別の新規発行を分配するために定期的に形成されている。

また、分配のためのこれらのシンジケート団は、発行証券買入組合、引受団、もしくは販売シンジケートと呼ばれる。

その他の金融上の文脈においては、シンジケート団は特定のプロジェクトのために協働するすべての金融機関のグループを指すことがある。またシンジケート団は、企業に共同投資する投資家のグループを意味する場合もある。