シェアクラス

シェアクラスとは、株式やミューチュアル・ファンドにおいて、持ち分をさらに細分化して、クラスやグループとすること。

クラスA株式とクラスB株式の違いは、議決権、転売権、または特定の株主の権限を拡大するその他の規定などになる。

米国では、デュアル・クラス・シェア(2種類の異なる株式を並存させるやり方)の大部分において、上場取引されているクラスと、それとは別の非公開のクラスの両方が関わる。

クラスA株式は市民のみが購入することができ、クラスB株式は外国人のみが購入できるという区分をしている国もある。

ミューチュアル・ファンドの場合には、クラスの区分はファンド販売手数料がどのように課されるのかを示している。クラスA株式は、初期販売手数料、クラスB株式は解約手数料、クラスC株式は期間定率手数料である。