サーキット・ブレーカー

サーキット・ブレーカーとは、1987年の株価暴落後に、証券取引所と商品取引所は、自動的に取引を制限する制度のこと。

この制度により、株価が急落すると取引所は、株式、ストック・オプシヨンや株価指数先物の取引を一時的に停止する。

株価が下落し、サーキット・プレーカーが発動される実際のポイントは年4回、各四半期末にDJIAの前月の平均株価に基づいて設定される。