サブパーティシペーションとは

サブパーティシペーションとは貸出債権を転売すること。貸出債権をもつ銀行などがその債権を分割して小口化したり、満期を短縮するなどして別の銀行に売却して、その貸出債権の金利から一定のスプレッドを差し引いてその残りを金利としてその銀行に払う。

転売を行う金融機関(パートアウト行)と原借入人との間のローン契約は不変で、パートアウト行と新たに引き受ける金融機関(パートイン行)との間で別の金銭消費貸借契約を結ぶ。したがって、パートイン行は原借入人に対する直接的な請求権は有さない。

売却側はスプレッド収入を得る、債権を流動化する、与信リスクを分散、エクスポージャーの圧縮、ALM上のギャップの縮小などができ、購入側は融資の審査などを省略して低コストかつ優良な資金運用先を容易に見つけることができるというメリットがある。