サバイバルボンドとは

サバイバルボンドとは、通貨スワップや金利スワップを組み合わせることで、債券の表面利率が固定金利マイナス市場金利と定められている債券のこと。市場金利が下がれば下がるほど高い利回りとなる。1980年代にユーロ市場で開発された。