コール・オプション

コール・オプションとは、原商品行使価格と呼ばれる特定の価格で、特定の期間内に固定された数量で購入する権利を持つこと。

例えば、投資家がある株式の値上がりを予測していて、その株式への投資によって投資元本を拘束されたくない場合に、その株式のコール・オプションを購入できる。

株価が上昇した場合、コール・オプションの価値は上昇する。投資家は、オプションを売って利ザヤを得るか、オプションを行使して株式を行使価格で買うという選択が可能である。

しかし、行使期間終了時の株価が行使価格より低い場合には、オプションの価値はなくなる。