コールレポート

コールレポート(call report)とは、各金融機関が四半期ごとに監督当局への提出を義務づけられた財務内容に関する報告書のこと。米国での金融機関検査に関する制度の1つ。

監督当局は、検査と検査の間の期間にコールレポートを中心とした資料やヒアリング内容を分析して、それをもとに各種指導を行う。金融機関での実地検査に加え、提出資料やヒアリングの分析によって直接立ち入らずに行うオフサイトモニタリングの両方を組み合わせるという手法が定着しているが、コールレポートはその中心的役割を担う存在である。