コンプライアンス

コンプライアンス(compliance)とは、一般には、企業が法令、規則、社会規範などを遵守することを指す。

社会の成熟化や情報化の進展とともに、違法行為が露見した企業へは、マスコミをはじめとして厳しい社会的制裁が加えられるようになっている。

近年日本では特に金融機関にとってコンプライアンスが重要課題として浮上している。背景としては、バブル期以降の金融不祥事の多発で、金融機関に対する社会の信頼が損なわれたことや、金融自由化の進展にともない市場原理にもとづいて自由競争をするうえで厳格にルールを遵守することが求められるようになったこと、などがある。

そのため金融機関は、コンプライアンス体制の整備のために社内教育を行ったり担当部署を設けるなどしている。