コミットメントライン

コミットメントラインとは、借入人と金融機関の間で、あらかじめ一定期間にわたって一定の融資限度額・金利などの条件を設定し、その限度額・金利などの条件の範囲内であれば、顧客の請求にもとづき、いつでも融資を実行するという融資限度額のこと。
この内容の契約をコミットメントライン契約(特定融資枠契約)という。

金融機関は限度額・金利等の条件の範囲内であれば融資を断ることができない代わりに手数料(コミットメントフィー)を受け取る。この手数料は出資法と利息制限法のみなし利息とされるため、限度額と比較して融資実行額が少ない場合には、法定利息を上回ってしまう可能性がある。

これによって金融システム不安や金融機関の与信収縮を背景にコミットメントライン契約へのニーズは強まってきたにもかかわらず、普及が遅れていた。

この問題を解決するために、1999年に「特定融資枠契約に関する法律」が施行され、大企業(資本金3億円超の企業)に対して手数料がみなし利息に含まれないこととなった。これによって利用が増加した。