コアインフレ

コアインフレ(core inflation)とは、物価指数によって観測される物価変動のうち、一時的な変動などを除去した基調的なインフレのこと。

コアインフレは政策判断の有力な材料となるため、日本や諸外国においては金融政策運営上、重視されている。

日本の場合、消費者物価から生鮮食品価格の変動を除去した消費者物価(生鮮食品を除く)がその指標として利用されている。