クーリングオフ

クーリングオフ(cooling off)とは、分割払いの割賦販売、セールスマンによる訪問販売等において締結した購入契約を、一定の期間内なら消費者の一方的通告により無条件で解除できることをいう。消費者保護をねらいとした制度の1つ。

日本では割賦販売法などにもとづき1974年から実施されている。

無店舗販売を規定する「特定商取引に関する法律」や「割賦販売法」や、個別の商品、販売方法や契約の種類ごとに「特定商品等の預託等取引契約に関する法律」、「宅地建物取引業法」、「ゴルフ場等に係る会員契約の適正化に関する法律」、「有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律」、「保険業法」など、様々な法律で規定されている。なお、法律の条文内にはクーリングオフという表記はない。