クローズアウトネッティング

クローズアウトネッティング(close_out netting)とは、倒産など異常な事態が発生した場合に発動されるネッティングのこと。一括清算ネッティングともいう。

破産等の一定の事由が生じた場合に契約を終了させて、契約中のグロスベースの多数の債権・債務を1つの残額の債権・債務とみなし、この弁済期が到来したものとして、残額債権・債務の受渡しだけを行う。

新しい債権・債務に置き換えるためオブリゲーションネッテイングに類似しているが、履行期、通貨等の条件が異なる債権・債務についても一括して行われる、置換えが破産等の一定事由の発生によって発動される、ネッティングが実施された時点で履行期が到来するなどの点で効果は大きい。