クレジットデリバティブとは

クレジットデリバティブとは信用リスクに関連する指標を原資産とするデリバティブを指す。原資産は国債、社債、ローンなどであり、一般的には店頭で取引される店頭デリバティブである。

特に銀行などが顧客関係を考慮してローンを売却することなく、しかしリスク・ヘッジをしたい場合などに用いられる。

クレジットオプション、クレジットスワップ(CDS)、トータルレートオブリターンスワップ(TROR)などがある。

たとえば社債を保有してリスクをヘッジしたいプロテクションバイヤー(こちらは信用リスクの売り手、つまりヘッジャー)は、プロテクションセラー(信用リスクの買い手)に代金を支払い、社債がデフォルトした際にはセラーが社債を額面の100%でバイヤーに買い取ってもらえるというオプションなどがある。

別の債権を保有している2者が共に上記のようなオプションを買って、売り、どちらかがデフォルトした場合は、相手が額面の100%で買い取り、そうでない場合はより多くの信用リスクを売っている債権者の側が差額の金利を相手に支払うという双方向のオプションがクレジットスワップ(CDS)である。