クレジットカード

クレジットカード(credit card)とは、現金に代わる支払手段の1つ。カード保有者は、与信枠の範囲内であれば、加盟店においてカードにより商品を購入できる。また、金融機関等のCD(現金自動支払機)を利用して、キャッシングサービスを受けることもできる。

クレジットカードで買物されると、加盟店はカード発行会社から支払を受け、発行会社は、その後、一定の決済日に指定されたカード保有者の銀行日座から、口座引落しによって支払を受ける。この間、カード発行会社からカード保有者に対して与信が行われることになる。

米国で1920年代に石油会社が発行したガソリン購入カードに始まり、その後のトラベル・アンド・エンターテイメントカードの隆盛を経て、現在では銀行の発行するカードと信販会社の発行するカードが主流になっている。日本では、60年に日本ダイナースクラブが、61年にJCBが設立されたが、本格的に普及し始めたのは、68年に都市銀行が積極的に導入してからである。

クレジットカードには、銀行から見ると取引先層の拡大や流動性預金の獲得、商店にとっては売上の拡大、カード所有者は信用を受けられること、多額の現金持ち運びの必要のないことなどの利点がある。

米国のカード会社(VISA、Master)との提携による国内外共用化や、リボルビング機能の付加など、利便性が向上し続けている。