キャピタル・ゲイン税

キャピタル・ゲイン税は、株式、債券、不動産などの資本資産の売却で得る利益に対して課される税金のこと。

短期キャピタル・ゲインには通常の税率が適用される一方、保有期間が1年以上の資産売却で得た長期キャピタル・ゲインには、通常所得に対する税率よりも低い税率が適用される。