カレンシーサブスティテューション

カレンシーサブスティテューション(currency substitution)とは、ある国で、よその国の通貨が使われること、あるいは、使われる度合い。通貨代替性ともいう。

カレンシーサブスティテューションが強まると、その国のマネーサプラと経済の関係が不安定になるとか、カレンシーサブステテューションの関係にある通貨との為替相場が不安定になるといった問題が出てくるとされている。公式な為替レートと、実際に人々が市場でやり取りするレートが乖離してしまう例も多く見られる。

通貨の代替性が高まった場合の問題に対しては、代替性の高い通貨を1つにしてしまうことが良い解決策となりうる。米ドルなどを自国の通貨と同等か、それ以上に重視して取り扱われている国などがある。

こうした点に関する理論は、通貨代替性の理論とよばれる。