カフェテリア・プラン

カフェテリア・プランとは、正式には選択型福利厚生制度と呼ばれ、従業員にさまざまな節税プログラムヘ参加する選択肢を与えること。

このプランに登録すると、従業員はプランが定める範囲内で、税引き前の給与から引き落とされる拠出割合を決定し、自分が参加したい部分に資金を割り当てる。

例えば、保険でカバーされない医療費、育児費、生命保険の適用範囲追加などの支払いのために、資金を確保しておくことができる。この種の費用が発生したときに、プランに預けた資金から支払うことになる。

このプランに拠出する資金に所得税は課されないので、税引き後収入から支払う場合よりも多くの金額を、このような支出に回せることになる。

ただし、税務年度が始まる前に、従業員は拠出する金額を決めておかなければならない。また、拠出したにもかかわらず使
用しなかった金額は返ってこない。