カバード・オプション

カバード・オプションとは、所有する株式に対してコール・オプション(ある商品を一定の価格で買う権利)を売るのこと。

オプションの所有者がオプションの権利を行使した場合、コール・オプションの売り手は、その取引を完了するよう求められれば、義務を果たすために自分の株式を受け渡すことが可能である。

同様に、ある株式に対してプット・オプションを売り、手元に十分な資金がある場合には、オプションの所有者が権利を行使したときに必要な株式を買うことで、これもオプションがカバーされていることになる。

カバード・プットは、キャッシュ・セキュアド・プットとも呼ばれる。

カバード・コールを売る魅力の一つは、プレミアムを受け取りながら、大きな損失を被るリスクを避けられること。そうでなければ、オプションの権利が行使されたときに、権利行使価格で株式を売却する義務を果たすため、より高い市場価格で株式を購入し
なければならない場合がある。