オールソンモデルとは

オールソンモデルとは企業の株式価値は現在の株主資本の価値に将来生み出される残余利益の現在価値を加えたものとする企業の評価モデルのこと。J.オールソンによって1995年に再発見されて発表された。

オールソンモデルはファイナンスや会計の分野で理論と実務の両方で注目をあびている。実証研究も多く行われており、実務ではコンサルティングを行う会社がサービスとして提供している。

モデル内のパラメータにさまざまな仮定を設けることで柔軟に企業モデルを作成できるという点が評価されている。