オープン・エンド型ミューチュアル・ファンド

オープン・エンド型ミューチュアル・ファンドとは、継続的に株式の発行と償還を行い、株式に対する投資家の需要に応じて、その規模を拡大縮小するファンドである。

ミューチュアル・ファンドの大部分はオープン・エンド型ファンドである。

オープン・エンド型ミューチュアル・ファンド純資産価値(NAV)で取引されるが、ファンドに販売手数料がかかる場合は、これがNAVに上乗せされて売値が決まる。

純資産価値は、ファンドの投資額に投資用準備金を加えたものから、運営にかかる諸経費を引き、それを発行済み株式数で割ったものとなる。

オープン・エンド型ファンドは、株式の発行が1回のみのクローズド・エンド型ファンドとは対極をなす。

最初の売り出し後に、クローズド・エンド型ファンド証券市場に上場され、株式のように売買される。クローズド・エンド型ファンドの出資者は、こうした取引にはかかわらない。