オーバーナイト金利

オーバーナイト金利とは、CFD取引において翌日まで買いポジションもしくは売りポジションを持ち越した際に受け取る、もしくは支払うことになる金利のこと。CFDを売っているときには受け取ることができ、買っているときには支払うこととなる。CFD取引は証拠金取引であるため、商品購入の際はその全額を自らの手持ち資金だけで行っているわけではない。つまり、CFDの取扱業者から買い付けのための資金を借りて購入しているという扱いになるために、その資金の金利を購入者が負担する。

逆に売る場合は投資家が資金を貸し、その国の商品を売ることになるので、金利の受け取りが発生する。

持ち越しとされる時間は季節によって異なり、11月から4月は日本時間の午前7時、3月から10月(ロンドンがサマータイム)は午前6時をまたぐとオーバーナイト金利が発生する。

オーバーナイト金利は各国の政策金利に差があることで発生しているため、その金額は、商品が決済される国の政策金利に各取扱い業者が決めたパーセンテージを足した、もしくは差し引いた利率が設定されている。