オルタナティブ投資とは

オルタナティブ投資とは、現預金、債券、株式などの伝統的な投資手段以外のすべての資産に投資することを指す。

具体的には、商品ファンド、コモディティ、通貨、ヘッジファンド、資産担保証券、ディストレス証券、エマージングマーケット株式・債券、バイアウトファンド、プライベートエクイティ、メザニン、石油や天然ガスファンド、不動産、そのた天然資源などがある。

これらの資産は流動性が低く、時価評価が困難で、過去のリスク・リターン情報の入手が難しい、私募中心といった特徴がある。

オルタナティブ投資を使うメリットは高いリターンと伝統的な投資対象との低い相関性が挙げられる。