オリジネーターとは

オリジネーター(originater)とは、資産金融型証券において、貸出債権を第三者から買い集める、もしくは第三者に貸し出して最初に財産をつくり(originate)、これを名目上の証券発行体である特別目的会社信託会社に移す者のことである。

オリジネーターは財産を移すことによってオフバランスが可能となることや低利の資金調達ができることなどのメリットがある。ただし、資産の実際の管理や販売業務はオリジネーターが兼ねることが多い。