オブリゲーションネッティング

オブリゲーションネッティング(Obligation netting)とは、同一日に決済する同一通貨の債権・債務をネットアウトして、差額分を新たな債権・債務に置き換える方法。
ノベーションネッティングともいう。

債権と債務自体がネットベースの額に削減されるため、リスクもネットベースの額にとどまる。

法的な性格によるネッティングの分類では、ほかに倒産など異常な事態が発生した場合に発動されるクローズアウトネッティングと、決済日・受入支払の差額を決済するペイメントネッティングなどがある。