オフショア市場とは

オフショア市場(offshore market)とは非居住者との間で、海外から海外への取引に限定して行う資金調達と資金運用市場のことを指す。国内市場よりも為替管理や金融制度上あるいは税制上の規制が少ないため、比較的自由な取引が認められている。

主要な市場形態としては、

1.ロンドン型(国内市場との資金交流が自由で、両市場での諸規制が同等)
2.アメリカのIBF型(International Banking Facilities、国内市場と遮断された状態で税制上の優遇受ける)
3.バハマ、ケイマンなどタックスヘイブン型(租税逃避が目的の形式的な市場)

などがある。