エレクトロニックバンキング

エレクトロニックバンキング(electronic banking)とは、コンピュータやデータ通信等に関するエレクトロニクス技術を応用して、銀行と顧客(企業・一般家庭など)を通信回線で接続して、振込などの顧客取引や残高照会等の各種情報サービス業務をオンラインで行うシステム。

データの転送だけで銀行業務ができ、店舗で対応する手間がなくなるため、業務の合理化・効率化・迅速化や顧客サービスの向上に資するとされている。また、この仕組みは現金や小切手等を使用しない資金決済を可能とするため、決済制度の変革という大きな意味合いを含んでいる。