エリサ法

エリサ法とは企業年金制度の加入者の受給権保護を目的に企業年金などを包括的に規制することを目的とした法律。米国の1974年従業員退職所得保障法(Employee Retirement Income Security Act of 1974)の略称。

エリサ法は受給権確保の目的から、年金給付保証校舎の設立や最低積立基準の制定など幅広い規制内容を含んだものとなっている。企業年金の資産運用者の受託者責任について忠実義務、善管注意義務、分散投資業務、法令順守義務を厳格に規定しているところに特徴がある。

受託者は忠実義務に基づいて受益者の利益に相反する立場をとったり、利害関係者との取引を禁じられている。

日本の「賃金の支払の確保等に関する法律」での退職手当保全措置条項は、この法律を参考にしたものといわれている。