イールドカープ

イールドカープとは、期間とそれに対応する金利の関係を表す曲線で利回り曲線のこと。期間を横軸、金利を縦軸として図で表すのが一般的である。

債券のイールドカープは、ある1時点において残存期間のみ異なる債券を対象として、横軸に残存期間、縦軸に最終利回りをとって対応点を打点し、曲線で結んだ図表である。

クーポンレートの相違による利回り格差などにより、残存期間と利回りの間に「右下り」、「右上り」といった傾向を読み取ることで、これを投資判断のた めの金利予測に用いることができる。
クーポンレート