イールドカーブとは

イールドカーブとは、期間とそれに対応する金利の関係を表す曲線で利回り曲線ともいう。期間を横軸にとり、金利を縦軸にとって図で表すことが多い。債券のイールドカーブはある時点において残存期間のみことなる債券を対象として、横軸に残存期間と縦軸に最終利回りをとって対応点を打点して、曲線で結んだ図表となる。


投資判断のための金利予測に用いることができる。
長期の資産のほうが残存期間中の不確実性が大きいため、そのリスクプレミアムを反映してイールドカープは通常の場合は右上がり(順イールド)となるが、インフレの加速や金融の引締め強化が近いうちに予想されているような時期には、右下がり(逆イールド)となることもある。