インフレ運動債

インフレ運動債とは、消費者物価指数(CPI)より算出したインフレまたはデフレを反映して、元本を1年に2回調整する債券のこと。金利は固定され、利子は調整済みの元本に基づいて1年に2回支払われる。

インフレよって元本が増えれば、より多くの利子を得られる。逆に、デフレにより元本が目減りすれば、利子は減る。