インフレ・ヘッジ

インフレ・ヘッジとは、インフレ期に価値の減少しない資産に投資する事で、インフレによる資産価値の損失を防ぐこと。

預金や債券で保有する資産は、インフレ期には貨幣の購買力が低下するために価値が減少する。

一方、貴金属,不動産はインフレ に伴い価格上昇が見込まれるので資産価 値の目減りを回避することができるため、インフレ・ヘッジの対象となる。

式は,短期的には収益証券として債券と代替する側面が強いため¥、インフレ期に価格が下 落することが多い。しかし、長期的には、企業が保有する土地や設備などの値上りで解散価値が増大するという物的証券としての側面もある。

また,企業収益がインフレ期に増加しやすいことからも、ある程度インフレ・ヘッジが可能となる。